2012年10月23日

RATEBUSTER!新理論検討(その2)

コース適正 距離ファクターの導入
先週はトラック係数を競馬場、トラック、距離、馬場状態別に設定すると書きましたがコース適正にも距離別に変更することを考えています。コース適正はRATEBUSTER!2より導入した理論です。競馬場、トラック、馬場状態別に競走馬に求められる適正を設定していましたが、ここに距離別も追加します。つまり中山芝1200m良と中山芝3600m良のコース適正は違うと言う考え方です。まだまだ実験段階ですが、この導入により精度が上がる見込みです。コース適正とは競走馬のこれまでの成績よりコースごとに必要な瞬発力、先行力を加味して今回ルール値を設定する方法です。距離変更や開催替わりなどのレースで精度が上がります。同じコースばかりで走る地方競馬ではあまり精度は上がりません。

直前補正
予想の精度はレース前日のものより当日の天候や馬場状態、馬体重を加味した方が確実に精度が上がります。しかしわかっていながらこれまでそれを行いませんでした。それは締め切り直前に全員が同じまったく買い目を投票した場合オッズを大きく下げ全員が自滅してしまう可能性があったからです。そこで各人が思い思いにそれぞれの補正を行い全員が完全に足並みを揃えないと言う方式が一番いいと考えていました。しかし前日のルール値で馬券が外れた有料会員が私がレース直前で補正をして馬券が当たったと聞けば面白くないでしょう。そこで今回導入した10分前投票を機に直前情報の提供を検討しています。自動運転では、直前情報を自動取得して締め切り10分前に投票を行う機能を追加します。限界まで精度を上げる為の大きな決断と言えます。

試作用のRATEBUSTER!GOLD3(仮名)は現在有料会員の方を中心に順次配布する予定です。又追加したい機能や理論なども随時受け付けています。先週は富士Sの1、2着馬が3歳馬であったので3歳馬ルール値を見直すようにとご意見を頂きました。


オッズマスターズは、現在「将軍」です。このままベスト10内をキープしながら走り抜けたいと思います。今週は天皇賞(秋)です。東京競馬場で笑顔でお会いしましょう。  

Posted by ratebuster at 13:04

2012年10月21日

RATEBUSTER!新理論検討(その1)

トラック係数の変更

馬券術RATEBUSTER!で1000m戦の成績があまりよくありません。出遅れなどの不確定要素が増える為であることは前からわかっていますが、改善方法をずっと考えていました。その理由は1000mと言う距離に理由があるのでは?と言う結論に達しました。
芝戦とダート戦では走破タイム1秒の価値が違います。この考え方は初代RATEBUSTER!より「トラック係数」と言う係数によって調整してきました。RATEBUSTER!2では良馬場の芝戦と不良馬場の芝戦でも1秒の価値が違うと言う理論を組み込み精度を上げました。そこで現在は芝の良馬場1000m戦と芝の良馬場3600m戦でも1秒の価値は違うと言う理論で精度を上げる試みに挑戦しています。昔の検証では距離による1秒の価値の違いはあまりないことはわかっていますので大きな向上は難しいと思いますが1000m戦などの特殊なレースでの若干の向上は出きる可能性があります。ご期待下さい。

ルールポイントのリバース補正
RATEBUSTER!のもうひとつの苦手なレースとして充足率の低いレースつまり若駒戦があります。ルール値は各馬の対戦成績とものさし馬によって能力値を計算しますが対戦成績のまったく無い新馬戦などでは精度が極端に悪くなってしまうのです。新馬戦では入線したタイム差だけからルール値を求めているのですが、たとえば伝説の新馬戦のように全馬のレベルが物凄く高いにもかかわらずタイム差がほとんどない場合、低レベル戦と判断するしかありません。しかし2戦目ではほとんどの馬が勝ち上がってしまい結果的にあの新馬戦は物凄くレベルが高かったなど言うことがわかります。現在RATEBUSTER!では一度設定したルール値を求める為のルールポイント(基準タイムのようなもの)は変更しないと言うポリシーで行っています。しかし伝説の新馬戦の関連馬が出走するたびに結果的に間違っているルール値を使って予想ルール値を設定していている為、予想の精度が落ちてしまうと言うようなことが起こります。ほんの僅かでも予想ルール値の精度を上げる為、ルールポイントを変更しないポリシーを撤廃してルールポイントを毎週見直すようにすることを検討しています。新馬戦が終了した直後では伝説の新馬戦であったか、低レベル戦であったかは残念ながらわかりません。しかし新馬戦に出走した馬たちが2戦目、3戦目と消化していくとわかってきます。つまり2戦目、3戦目終了時点で新馬戦まですべて遡ってルールポイントを改定していくと言うことです。この作業を行うと全過去レースを対象にルールポイントが毎週微妙に変わりますのでルールポイントを配信できなくなる弊害もあります。予想ルール値精度アップの為ご理解お願い致します。また、新RATEBUSTER!改善案もメール、電話で受け付けております。ご協力お願い致します。来週も現在検討している内容を書きたいと思います。

  
Posted by ratebuster at 07:46

2012年10月12日

凱旋門賞の観戦を終えて

フランスに競馬が無ければ確実に一生行くことはありませんでした。そして遠征を決意させた一番の出来事はオッズパークさんのキャンペーンでの当選です。地方競馬の馬券で儲けさせて頂いて、毎月多額のギフト券をもらってさらに無料で海外旅行ご招待です。まさに至れり尽くせりという感じです。地方、中央両方の馬券を買っている競馬狂に言わせて頂くと中央より地方で馬券を買う方がどう考えて得です。

しかし最大の難関は12時間半の飛行機移動。これには少し躊躇しましたが、オルフェーヴルの出走と言う物凄い後押しがありましたのですぐに参加申し込みをしました。お金が無い訳ではありませんので追加料金を払ってビジネスクラスで優雅に行くことできます。しかしサラリーマン時代に培われた貧乏性が邪魔をします。飛行内ではノートパソコンを使って原稿の仕事ながら時間を有効に使って行こうと準備をしていたのでが原稿仕事のギャラ数万円。ビジネスクラス往復追加料金がプラス50万円では激しい抵抗感があります。結局追加料金なしのエコノミーでの参加となりました。飛行機は6時間を越えたあたりから苦痛が始まります。苦痛に耐えようやく到着した時は既に帰りの飛行機が憂鬱でなりませんでした。ホテルのベットでは寝ている間に足吊って痛くて何度も起きてしまうしもう最悪です。帰国してから知ったのですがエコノミー症候群という病名らしく同じ姿勢で何時間もいるとなる病気らしいです。では今回の旅行は大失敗だったかと言うと結論から言うと行って大正解でした。

着いた1日目はエッフェル塔、モンマルトルの丘など市内観光。ルーブル美術館はガイドさんの案内で2時間有名作品だけを早足でショートカットしながら見てまわりました。ここにある有名作品は一通り見たと感じで充実した2時間でした。帰り際にガイドさんにほとんどの有名作品を見せてくれてありがとうとお礼を言いましたら「見れたのは全体の1%くらいです」とバッサリと言われてしまいました。フランスはまさに芸術の国です。どんな苦痛を乗り越えても1度は行かれることを心からお勧めします。

2日目はいよいよロンシャン競馬場です。ホテルの1階でウイニング競馬の矢野さんに馬券の買い方のレクチャーを受けていざ競馬場へ。競馬場の印象は想像以上にスタンドが小さいと思いました。日本の競馬場で言うと川崎競馬場の2、3階席が無いくらいです。そしてお客さんの10人に1、2人が日本人。ここでもジャパンマネーはここでも活躍しています。メインレースまでに入場者数は1万人弱まで増えた感じでした。食べ物店や飲み物売り場も長い行列であきらかにキャパオーバーしています。馬券もレースが終わって次のレース分をすぐに買わないと買えないくらいです。これでは日本の地方競馬並みに馬券売り上げは少ないだろうと思いモニターを見ると結構売れています。後でガイドさんに聞いたところフランスはバーなども街中に馬券売り場があって地元民はそこで買っているとのことでした。

凱旋門賞以外もほとんど1日中G1レースの連続なのですが、当たり前のことながらどの馬が強いかなんて私にはまったくわかりません(笑)私は1R1000円くらいまったくの勘ピューターで遊び買いしてメインレースを待ちました。メインレースだけはどの馬券を買えばいいかわかります。もちろんあの馬の単勝馬券を有り金買えばいいのです。

結果は皆さんご存知の通りです。追い出しをもう少し遅らせればなどいろいろありますが、それが競馬です。次の日地元の新聞を見ると勝ち馬よりオルフェーヴルの強さと挑戦に対する勇気を賞賛する記事ばかり乗っていました。第2次世界大戦では日本とフランスは敵国でしたが、それでもフランスは親日国だったのです。フランスにはジャポニズムと言うフランス語があります。日本美術作品にフランスの芸術が大きな影響を受けて日本を尊敬していると言う言葉です。オルフェーヴルが惜しくも負けた翌日オルフェーヴルの兄のジャポニズムが障害戦で優勝しました。こんなことを考えていたら帰りの飛行機も苦になりませんでした。飛行機の中で次回の目標が出来ました。出資馬ともに凱旋門賞に来ること。ルーブル美術館の作品を5%以上見ることです。  
Posted by ratebuster at 00:14

2012年10月08日

シャティン競馬場に来ました

ロンシャンの負けを取り返したいと思います

シャティン.jpg  
Posted by ratebuster at 19:38

凱旋門賞

競馬場ではウイニング競馬の矢野さんと観戦しました。

矢野さん.jpg




馬場に出て最終打ち合わせをするオルフェーヴルとアベンティーノ

オルフェーヴル.jpg




最後の直線では勝利を確信しました。しかし一度完全に交わした馬に外から差し返されるとは。。恐るべしペリエ・・・です。。

ペリエ.jpg




須黒アナも応援に駆けつけました。

須黒さん.jpg  
Posted by ratebuster at 13:08

2012年10月07日

ロンシャン到着

スタンド小さいです

ロンシャン.jpg  
Posted by ratebuster at 19:44

フランス到着

無事フランスに到着しています。こちらはまだ朝の4時です。昨日は一日市内観光をしていました。


昨日は午後からかなりの量の雨が降っていました。
ロンシャン競馬場は不良馬場になりそうです。
オルフェーヴルは道悪は得意ですが、ロンシャンの柔らかい馬場がどうか?が問題です。大外枠もデータ的にはかなり不利だと言うことです。

ルーブル美術館
2時間ほど見学しましたがかなり広いです。一作品1分で見学したとすると開館から閉館まで毎日見続けたとして6ケ月かかるそうです。

ルーブル







モンマルトルの丘
多くの芸術家がここから排出されました。

モンマルトル  
Posted by ratebuster at 11:37

2012年10月04日

RATEBUSTER!GOLD、GOLDバージョンアップ

Q234.助けてください・・・・
もう3年くらい中央競馬のみの自動運転でレイトバスターを使わせていただき3年間は回収率100を毎年越え20万くらいで始めた資金が最高で130万くらい
までいったのですが今年に入り負けが続き資金が10万まで減ってしまいました・・・
もう資金が尽きるのは覚悟の上で自己責任でやりますので自動運転でなにかいい設定はないでしょうか?
無理を承知でお願いします。


A234.メールのタイトルからスパムメールかと思いました(笑)問い合わせメールでした。メールにタイトルを入れないで送信されるなどメールを見落とす可能性がありますので工夫して入れて頂くと助かります。
RATEBUSTER!GOLD、GOLDバージョンアップしました。このバージョンから自動運転は発走12分前以上に投票されるようになります。(手動投票に制限はありません)オッズ分析ソフトなどでどのタイミングでどの買い目に多く票が入ったかなど見ていますが、出来るだけ多くのユーザに発走12分前投票を心がけて頂くことで確定オッズが上がり、回収率が上昇する見込みです。なお旧バージョンは来年から使用出来なくなりますのでご注意下さい。

お勧めの買い方は2週まに書きました買い方ですが、さらにレースを絞って回収率を上げるなら競馬場を絞ることをお勧めします。ルール値の精度は不確定要素が多ければ多いほど下がります。例えば夏の札幌、函館開催は関東、関西から馬が遠征するのですが、初めて札幌、函館競馬場を走る馬は多く不確定要素が増えます。ですから札幌、函館競馬場を指定して馬券シミュレーションを行うといい数字が出ません。苦手な競馬場の購入を見送ることで回収率は上がります。※福島、新潟競馬場も同様です

札幌.JPG





函館.JPG





厳密に言うと競馬場を経験すれば初競馬場の不確定要素は無くなりますので競馬場と開催月も重要なファクターになります。是非とも最新バージョンを使ってで調べてみて下さい。

京都.JPG





東京.JPG





明日から日本馬の歴史的瞬間を目撃する為、フランスに遠征します。予想データの更新などは現地から行いますのでご安心下さい。

10/4のレディスプレリュードは外れました大井最終は的中で軍資金獲得です!

大井11R.JPG  
Posted by ratebuster at 14:13