2015年07月29日

全レースで効率よく当てる(オプティマイズ買い)

回収率だけを追求するならレース条件をキッチリ絞ってある一定以上の期待値の高い買い目だけを買い続けるべきでしょう。しかしその場合、見送りレースばかりになっってしまい、せっかく競馬場に行ってもまったく馬券を買うことなくつまらない競馬観戦になってしまいます。さらに期待値の高い買い目は他人の買い難いエリアである高配当エリアに存在しますからなかなか当たりません。競馬は毎レース買ってなおかつ当たることが楽しいのです。

期待値の高い馬が馬券圏内に入ることが重要ですので、ようやく当たった時は、単勝も馬連も馬単も全部当たるようなことになります。中々当たらなくてようやく当たった時に全部の馬券種類が当たるならば決して効率が良い買い方とは言えないでしょう。出来るだけ多くのレースに参加して、なおかつ出来るだけ多くのレースで的中させて資金を継続させる買い方が、オプティマイズ買い(最適化された買い方)です。

RB☆STRIKE!Ver3.0.0より実装されたオプティマイズ買い機能の1つは、「重複的中をしない」です。例えば単勝ので10番の馬を買ったとすると馬連の10番絡みは買いません。馬連で2−10を買ったとすると1着が10番で2着が2番だった時に単勝と馬連の2点が的中してしまいます。2点が的中することは喜ばしいことですが、10番の単勝を買うのなら馬単2−10を買って投資金額を抑えたり、10番絡み以外の馬連を買ってレース的中率を高める方が効率が良い買い方と言えます。

福島3R.jpg




減算×0.6、期待値100%以上とすると買い目は単勝10、馬連2−10、10−15、6−10、馬単2>10・・・・となる

福島3R重複なし.jpg




重複買い目除外をチェックすると単勝10と馬連2−10などはダブル的中する可能性があるので選択されなくなる

デフォルト設定では期待値画面では期待値100%以上の買い目が黄色く、期待値200%以上の買い目が赤くなりますが、レースによっては色が付いた買い目が1つも存在レースがあります。そんなレースでも馬券を買ってなおかつ当てたいと言う場合は、オプティマイズバーを左に引きます。

福島3R減算なし.jpg




オプティマイズバーを真ん中まで引くと、的中率の減算率が減算ゼロになります。真ん中以降からオプティマイズバーを引くと期待値が100%から0%まで下がります。好みの的中率まで引いて調整することで毎レースで的中させることも可能になります。

福島3R期待値50%以上.jpg




減算なし、期待値50%まで引くと的中率は255.7%まで上昇しました

先週ご紹介した大元を減算×0.6する買い方ですが、早速土日で爆発しています(笑)

中央.jpg






地方.jpg  

Posted by ratebuster at 15:47

2015年07月23日

ついにわかった、儲かるパターン!

疑問1
RB☆STRIKE!で儲かるパターンを探していて常々疑問だったのは回収率が高い減算率が馬券種類によって違う点でした。単勝だったら単勝平均的中率×1を減算、馬連なら馬連平均的中率×3を減算、3連単なら3連単平均的中率×8を減算と言った具合に×1、×3、×8と回収率が高い減算する率がまちまちです。本来なら各馬券種類とも同じくらいの数字を減算すると同じぐらいの的中率、回収率になるような気がします。

理論1
期待値の計算が正確なら一切予想的中率を減算せずに単純に期待値100%以上の買い目買い続けるだけで確実に儲け続けること出来ます。このことは間違いありません。しかし競馬で正確期待値(正確な的中率)を知ることは絶対に出来ませんから的中率から誤差分減算して期待値100%以上の買い目を買うか、期待値200%などの少し高めの期待値で馬券を買わないと儲けることは出来ません。

理論2
もし2頭立てのレースがあったとすると、各馬の予想単勝率は、50%と50%と言った感じになり10%くらい平気で誤差があります。もし10000頭立てのレースがあったとすると各馬単勝率は0.001%とかになって誤差は0.0001%とか0.001%とか言う数字でしょう。少なくとも2頭立ての時の10%とか言う誤差は絶対にありません。誤差が出走頭数(平均単勝的中率)に応じて存在していることは間違いありません。

疑問2
弊社の理論では買い目総組み合わせ数に応じて誤差が存在すると言う理論でしたが、ここで大きな間違いに気が付きました。18頭立ての単勝(18通り)では簡単に儲かるパターンを見つけることは出来ますが、6頭立て3連単(120通り)ではなかなか儲かるパターンは見つかりません。それはなぜでしょうか?

結論1
誤差は出走頭数(不確定要素数)に応じて存在していて総組み合わせ数に応じて存在しているのではないとようやく気がついたのです。つまり2頭立てのレースでは、10%とか言う誤差が存在するが10000頭立てのレース0.0001%とかの誤差しかなく出走頭数が多いレースの方が予想的中の誤差が単純に少なく期待値がより正確に近い数字が計算出来る為、儲かり易いかったのです。

結論2
そう考えると3連単の的中の減算は総買い目数から計算する3連単平均単勝率×nを減算するのではなく、誤差を減算した予想単勝率から3連単の予想単勝率を減算することが正解だったと言うことになります。RB☆STRIKE!Ver3.0.0から大もとである減算した予想単勝率から各馬券種類の単勝率を計算する機能を実装しています。
減算.jpg






結論3
少頭数が儲かり難かった点や、儲かるパターンの総組み合わせ数で減算した場合、×1、×3、×8と減算する率がまちまちになってしまう点も解決しました。かなりまわり道をしてしまいましたがこれが正解だと思います。1つ目安が大もとの単勝率が×0.6減算するいいようです。対象買い目を増やして的中率を上げるなら、単勝率が×0.4を減算、買い目を絞り回収率を上げるなら×1を減算です。もちろん、従来の総組み合わせ数に応じた減算機能も残っていますから組み合わせ使うことも出来ます。

馬連.jpg





×0.6減算なら先日のWIN5も的中。。。。
WIN5.jpg






結論4
出走頭数が多いほど期待値の誤差が少なくなる訳ですから、儲かるレースは以下の順になります。

18頭立て×5RのWIN5
    ↓
16頭立て×3Rのトリプル馬単
    ↓
18頭立てのレース
    ↓
6頭立てのレース 

RB☆STRIKE!ver3.0.1 テスト中の為、バージョンアップ版のみ
ダウンロードはこちらから!
RB☆STRIKE!ver3.0.1


  
Posted by ratebuster at 18:06

2015年07月16日

上半期指数性能評価2

先週に引き続き指数の精度調査の続きです。今週はRB☆STRIKE!指数ファミリーについて検証してみたいと思います。
CLASSIC.jpg





STRIKE1.jpg





STRIKE2.jpg





STRIKE3.jpg





CLASSIC→STRIKE1→STRIKE2→STRIKE3の順に少しづつですが精度が上がっていることがわかります。STRIKE3につきましては今後も日々精度が上がって行く見込みですのでどうぞよろしくお願い致します。
※過去指数を改定する場合にはこちらでご報告させて頂きます

指数の精度=正確な期待値算出 となりますので、精度の高い指数を選択して馬券を買うことが勝利への道です。RB☆STRIKE!ソフトでは外部指数インポート機能で馬王Zやカツラギ指数のインポートも出来ますので気になる方はこちらも是非とも検証してみて下さい。

弊社の作業である全レースの指数の精度を上げることは勿論重要作業ですが、精度が上がって行くのを待つよりも現時点で精度が高いレースだけ買う方が非常に簡単なことです。例えば大げさに言うと1日36Rを1万円づつ買うよりも1日3Rを12万円づつ買う方が回収率が上がる可能性が高いと言うことです。例えば以下の条件でシミレーションすると的中率、回収率が一気に上がります。指数の精度が高いレースだけ買うことも勝利への近道と言えます。

例えば.jpg





RB☆STRIKE!ソフトのバージョンアップ版がVer3.0.0がついに完成しました。このバージョンよりかなりの処理が追加されていますのでトラブルが嫌な方は、安定するまでもう少しバージョンアップをお待ち下さい。追加された機能については、こちらで少しづつ説明したいと思います。

RB☆STRIKE!ver3.0.0バージョンアップ版のみ
ダウンロードはこちらから!
RB☆STRIKE!ver3.0.0
  
Posted by ratebuster at 19:06

2015年07月07日

上半期指数性能評価

先週から夏競馬が始まり、2015年も折り返し地点を過ぎました。ここで上半期の指数成績を振り返ってみたいと思います。
的中率が正しく計算できれば単純に期待値100%以上の買い目を買い続けるだけ確実に儲け続けることが出来ます。しかし残念ながら競馬の的中率を正確に求めることは出来ません。弊社の理論上どんな指数でも予想的中率から誤差を減算して期待値を計算することで収支をプラスにすることが出来ます。しかし誤差が大きいヘッポコ指数では、減算しなければならない誤差が大きくなってしまい事実上対象の買い目が無くなってしまいます。誤差が少ない指数は減算する数字が小さくなり購入対象レースが増え儲けるチャンスが増えると言えます。ですから我々はたくさん儲ける為には出来るだけ誤差の少ない指数を選択する必要があります。
指数の精度を計る手法の1つに全レースの指数1位馬の勝率と回収率を見る方法があります。近日公開予定である次バージョンのRB☆STRIKE!では簡単に1位馬の単勝馬券馬券シミレーションが行えるように改造しています。

指数1位馬の的中率、回収率を知る為には以下のように行います。

単勝馬券シミレーション





タイム型.jpg





まず無料で使えるJRA−VANのマイニング(タイム型)ですが、回収率79.9%で単勝の控除率が20%ですから平均点で合格と言えます。


対戦型.jpg





次に同じくマイニング(対戦型)の方ですが、これはひどいですね。回収率72.5%と平均値を大きく下回っています。マイニングを利用するなら断然タイム型と言えるでしょう。


日刊コンピ.jpg





日本で一番有名な指数である日刊コンピ指数ですが回収率では平均点を大きく下回っていますが、的中率27.8%と抜群の数値を出しています。安い配当でも当てるなら日刊コンピ指数と言ったところでしょうか?


最強HIT指数.jpg





最強の法則WEBで長期に渡って販売している最強HIT指数ですが、こちらは一番地味だったにも関わらず的中率、回収率とも高い数字を叩き出しています。回収率ではマイニングのタイム型ですが、総合評価では4つの指数の中では、NO1は最強HIT指数と言うことでしょうか?来週はRB☆STRIKE!指数の検証を行ってみたいと思います。新バージョンは来週公開予定ですのでもう暫くお待ち下さい。  
Posted by ratebuster at 10:13