2015年11月25日

禁断の馬券術ソフト公開

メインレース終了後、それまでの負け金を一気に取り返そうと最終レースに有り金をすべてぶち込むようなことは誰もがやったことがあるのではないでしょうか?
レースが外れると賭金を倍々に上げていく方法を「マーチンゲールの法則」と言います。「モンテカルロ法」「ココモ法」など世の中に賭金を変化させて勝つギャンブル術が存在します。これらの賭金増幅の馬券術をシステマチックに考え、過去のレース結果を使ってシミュレーションしたり自動運転で馬券を自動的に買うソフトがついに完成しまた。その名も「BAIGAESHI(倍返し)」です。JRA−VAN、地方競馬DATAに加入していれば全機能がすべて無料で利用出来ます。

例えば、東京競馬場、3番人気の複勝オッズが2倍以上の時にマーチンゲールの法則で買うだけでもプラスになります。

倍返し






「BAIGAESHI」では、「マーチンゲールの法則」「モンテカルロ法」「ココモ法」の馬券シミュレーション、自動運転が利用出来ます。

注意事項
1.「BAIGAESHI」を使って勝ち続けるにはパンクしない条件であることが重要です。
2.自動運転で締め切り直前に買うことが出来ますが、購入金額によっては自分でオッズ落としてしまう可能性があります。
3.前回の的中の有無を確認してから次のレースの投票金額を決めますので、自動運転条件は、競馬場ごとでしか指定出来ません。
4.いきなり自動運転で投票を始めるのではなく、馬券シミュレーション、自動運転画面でのシミュレーション、テストモードを行い、十分にソフト挙動を確認してから実際の投票を行って下さい。

「BAIGAESHI」ダウンロード
ダウンロード

マーチンゲールの法則とは
カジノのルーレット必勝法として考えられた賭け方です。賭け金を倍々法で勝つまでやり続けます。具体例としてルーレットの赤や黒、偶数や奇数といったオッズが2倍以上になるときに有効です。1回目に赤に100円ベットする。外れたら2回目に赤に200円ベットする。また外れたら3回目に赤に400円ベットする。次に800円、1600円、3200円と同じものに当たるまで賭け金を倍にしてベットしつづけるというものです。  

Posted by ratebuster at 11:24

2015年11月18日

馬券売り上げと投票限度額を真剣に考える

先日、馬王作者の荒井さんと飲みに行った時の話です。荒井さんは競馬場、レース番号ごとに購入単価を細かく設定しているとのことでした。
競馬場ごとに設定しているならわかるのですが、レース番号もとは。。。
そこで馬券売り上げと投票額限度額を真剣に考えてみました。

RB☆STRIKE!の出馬表の下部分に売り上げ票数が表示されています。
水沢1R.png




先週日曜の水沢1Rの単勝の売り上げは、僅か22万1800円です。
もし7番パスレルの単勝を買おうとした場合、買っていい額はいくらまでなのかを考えていました。
競馬場の払い戻し額は、22万1800円×80%=17万7440円でパスレルの単勝オッズが14.3倍なので

17万7440円÷1430円=124 で124票が買われることがわかります。この時点でパスレルの単勝を1万円購入したらどうなるでしょうか?馬券売り上げ額が1万増えてパスレルの票数が100票増えますから

総払い戻し額23万1800円×80%=185440円
185440円÷224票=8.2倍 

あらら期待値が高かったはずのでパスレルの単勝が8.2倍まで下がってしまいました。
パスレルの単勝を100円だけ買うならどうでしょうか?

17万7520円÷125票=14.2倍 で100円だけでも0.1倍下がってしまいました。
そう考えると水沢1Rの単勝で買っていい額は、せいぜい100円〜200円まであることがわかります。
10分前投票でも1000円買われたら、オッズを戻すには相当厳しいことがわかります。

日曜の水沢競馬場の馬券売り上げ金額の推移

1R単勝23万円  馬連34万円  3連単350万円
2R単勝23万円  馬連45万円  3連単452万円
3R単勝38万円  馬連62万円  3連単555万円
4R単勝41万円  馬連49万円  3連単667万円
5R単勝25万円  馬連94万円  3連単637万円
6R単勝32万円 馬連131万円  3連単700万円
7R単勝29万円 馬連109万円  3連単796万円
8R単勝34万円  馬連81万円  3連単817万円
9R単勝36万円 馬連110万円  3連単736万円
10R単勝88万円 馬連136万円 3連単1111万円
11R単勝33万円  馬連79万円  3連単915万円

10R3連単は、1111万円も売れています。
競馬場の払い戻し額は、1111万円×72.5%=805万円で 仮に300倍の買い目があったとすると
805万円÷30000円=268票で この買い目を1000円買ったとすると289倍に下がります。
売り上げ1000万円以上でも1000円ぐらいまでが限界と言うことになります。
荒井さんがおっしゃっていた通り、競馬場、レース番号ごとに購入単価の限界を決めることは勝つ為の重要事項であることがわかります。

RB☆STRIKE!地方版がスタートした直後、全ユーザがガンガン地方競馬に投票していた頃のことを考えるといかに恐ろしいことをしていたかが、あらためてわかります。

福島12R.png





単勝。横娃娃娃葦漾滷隠.4倍=32万8000円の払い戻し
単勝総売り上げ2943万円

東京12R.png









単勝■隠苅娃娃葦漾滷隠押ィ糠棔瓧隠庫600円の払い戻し
ワイド2−15 6200円×46.6倍=28万8920円の払い戻し
単勝総売り上げ6246万円
ワイド総売り上げ8191万円

さすがに中央競馬は水沢競馬とはケタが違いますが、ローカル開催には注意が必要です。
又、自分が注意していても他のユーザがガンガン来る場合もありますから、常に購入時のオッズと確定時のオッズ差には注意を払う必要があります。
  
Posted by ratebuster at 12:49

2015年11月11日

お勧めの地方競馬場を教えて下さい

Q297.RATEBUSTER!GOLDの時代から中央競馬で儲けさせてもらっています。
ようやく地方競馬もはじめてみようと思っているのですがお勧めの地方競馬場を教えて下さい。


A297.中央競馬と地方競馬での大きな違いは、出走頭数の少なさと売り上げ額の少なさの2点です。
馬券収支で言うと地方競馬にはポイント還元がありますから、この3点で購入する競馬場を選ぶといいでしょう。
最近はおお元の単勝率を減算する買い方ばかり紹介していましたので、あえて減算しない買い方で紹介したいと思います。

地方競馬場の中で一番出走頭数が多く、売り上げ額が多い競馬場は大井競馬場になります。
大井.png






地方競馬の控除率は各競馬場、馬券種類によってまちまちで単勝、複勝を除いて控除率が一番少ない競馬場、馬券種類は門別競馬場のワイド(控除率20%)です。
門別.png






3連単では、高知競馬場の最終レースのみ控除率23%です。
※他のレースでは控除率27.5%
高知.png






1年を通して一番楽天ポイントが付く競馬は園田で全レース6%ポイント還元の日がほとんどのようです。
※回収率に6%追加して評価して下さい。
園田.png  
Posted by ratebuster at 17:09

2015年11月04日

連勝率より複勝率が小さくなるのはおかしくないですか?

Q296.事務局が推奨している大もとの単勝を減算する方式で馬券を買っています。そうすると単勝率より連勝率が小さくなるのはなぜですか?又、連勝率より複勝率が小さくなるのはおかしくないですか?


A.296.複勝率は3連単の確率から求めています。例えば馬番1の複勝率は、馬番1が絡むすべての3連単の確率の合算値になります。
大もとの単勝率を大きく減算すると単勝率がゼロになる馬が発生します。するとその馬番が絡む3連単の確率がゼロになる買い目が多数発生して自動的に複勝率も下がってしまいます。この問題を回避するには、大もとの単勝率を減算してもゼロにしないことが必要になります。

オプション画面で最低単勝率をセットすることでこの問題は解決します。
オプション.png






この方法がいやな場合は、大もとを減算せずに的中率で買い目を絞るしかありません。

先週もご案内したしましたが、減算を行わずにVPROでAB値を使った方法だと以下のようになります。
VPRO






AB値は実際に過去配信された指数を使っていますので数年に渡ってプラスを計上し続けていることがわかります。




地方競馬の祭典JBCが終わってしまいましたね。
3つJpnIレースとも16頭立てで、10%ポイント還元レースでしたし、オッズの下落も心配ないJpnIレースですのでまさにブッコミレースだったと言えます。
又、3レースだけで確実に的中させプラスも出さないといけませんのである程度期待値を無視した買い方をしなければなりません。
JBC







大金ぶち込みは、投資の競馬と言うよりギャンブルの醍醐味ですね(笑)  
Posted by ratebuster at 14:56