2014年02月13日

今後のバージョンアップ予定について

Q251.先週的中率合計を使うと回収率が良くなる話が出ていましたが、的中率合計で単勝平均的中率を指定出来るようにしてもらえませんか?


A251.次バージョンで実装いたします。


Q252.1/22のブログや以前のコメントで3連単的中率の計算式が載っていましたが、この計算式について思うところがあります。

3連単的中率=1着馬的中率×(2着馬的中率÷(100-1着馬的中率))×(3着馬的中率÷(100-1着馬的中率-2着馬的中率))

仮に3頭立てのレースだとして各馬の単勝率は下記とします。
A馬 60%
B馬 30%
C馬 10%

A馬が1着の時のB馬が2着になる確率は(30%÷(100%-60%)=75%
A馬が1着の時のC馬が2着になる確率は(10%÷(100%-60%)=25%

となります。
単勝率と同様に、B馬が2着になる確率は、C馬が2着になる確率の3倍になります。
実際の競馬では2着の確率はここまでの差はないのではないでしょうか。(3着はもっとです)
なぜなら競馬はサイコロではなく、動物に人間が乗って走るレースだからです。

A馬、B馬は能力も高く、勝負根性もある馬です。接戦になっても負けない、前が壁になってもこじ開けて出てくる馬です。C馬は勝てるチャンスでも少しの不利でコロッと負ける馬です。

A馬、B馬の騎手は勝ちに行く乗り方をするでしょう。C馬の騎手は2着、3着を狙った乗り方をするでしょう。

単勝率はこれらも含んだ1着になる確率で、それをそのまま2着、3着に当てはめるのは無理がある気がします。

3連単クロス買が期待値買より回収率が高いのもこの辺に理由がある気がしています。

1着 単勝率 * 2
2着 連勝率 * 2
3着 複勝率 * 2

でフォーメーションの場合、1着の頭数<2着の頭数<3着の頭数 となります。これによりC馬の2着、3着の確率が低く計算されているためC馬の2着、3着の3連単の確率が低く計算されてしまい、 結果、期待値も低くなってしまい、馬券の対象外になったものが拾われます。フォーメーションだけだと期待値の概念が入っていないので、 期待値(やや不正確ですが)の低い馬券をカットすることにより回収率の高い組み合わせになっていると思います。2着の確率は1着の確率ほど差をつけない、3着の確率はもっと差をつけない計算式にして期待値買をするともっと回収率が上がるような気がしているのですが、レイトバスターさんはどう思われるでしょうか?


A252.個人的にはあまり有効な感じはしないのですが、古くからのRATEBUSTERユーザであるきーちゃんの提案ならばもしかすると大躍進があるのかも知れません(笑)次バージョンで新機能として「変則確率計算」を追加致します。1着付け、2着付け、3着付けの単勝率計算をそれぞれ設定出来て確率を計算する機能です。例えば各単勝率計算でA、B、C馬の単勝率が以下のようになった場合、以下のように3連単の確率を計算するようにします。「変則確率計算」使うと確率が変るのは単勝馬券以外の確率です。統計式単勝率では使えません。又、面白い機能ですので大変申し訳ありませんが、有償版(プロフェッショナル版)のみの限定機能とさせて頂きます。


1着馬計算式でA馬50% B馬30% C馬20%
2着馬計算式でA馬40% B馬35% C馬25%
3着馬計算式でA馬45% B馬40% C馬35%
の場合の3連単の的中率は、A>B>Cは、50%×(35%/(100%-40%))×(35%/(100%-45%-40%))


Q253.現在、12分前の自動運転と、レースが終わった後でのシミュレーションでは、買い目がかなりずれてしまっています。 自動運転の方が、買い目が多いことが大半です。つまり、過去シミュレーションとの買い目の数が異なり、シミュレーションを信じて、ずっと痛い目にあってきました。そこで、シミュレーションも 「xxx 分前」のシミュレーションなど行う機能を検討いただけないでしょうか。 全てのオッズを持つとデータ量が多くなるので、せめて、初期値の「12分前」だけでも有難いです。 全競馬場は、大変なので、まずは南関東だけでもいいです。ご検討いただけないでしょうか。


Q254.シュミレーションをいくらしても、12分前と確定オッズでは数字が違い過ぎます。結局、仮に、いくらシミで回収率120%をマークしたとしても、リアルで馬券購入すれば、シュミより殆ど間違いなく多めに購入しているので、年間で見るとその部分の誤差だけでも十分マイナスになってしまうんですね。 私の場合レースにもよりますが、誤差が2,000円〜3,000はありますね。これ年間で見るとかなりの金額の誤差ですよね。これは、掛け金が大きい人はもっとだと言うことです。 予測オッズがリアルオッズを取るタイミングで変動すると言うと、予測オッズでシュミしてレースに臨んでも、全く意味の無い行為になってしまいますよね。では、リアルオッズでシュミすれば・・・・ これも結局は12分前に予測オッズで購入するわけですから、どうしても誤差は生まれます。 確かに的中には間違いは無いですわ。これは何度も確かめたので問題はないです。ですが、購入点数の差異は、年間で投資する者達にとっては大きな問題ですね。ですから、レイトバスターさんが言っている、単純にオッズの下落だけが問題ではないと思いますよ。オッズの下落の問題については、同じレースで同じ馬券を同じタイミングで会員がそれぞれ購入すれば起こりえますが、 RBS会員さんだけの投票の仕方が原因??と言うのはどうかと思いますよ。自動運転で直前投票が出来るようにして下さい。お願いします。


A253.254.ユーザの皆さんに締め切り10分前投票をお願いしていますが、やはりどうしても締め切り直前のオッズで買いたいというユーザが多くオッズの下落はかなり発生しています。オッズの下落はRB☆STRIKE!上位の期待値の高い買い目だけなので原因は偶然ではなく明らかにRB☆STRIKE!ユーザです。
さすがに重賞レースでは起きませんが、先日の地方競馬(南関東)では、締め切りに200倍以上だったオッズが確定オッズでは120倍くらいまで落ちるところも見ました。現在起きている状況としましては、例えば締め切り10分前に1000倍だったオッズがRB☆STRIKE!ユーザの自動運転によって500倍まで落ちます。低くなったオッズを嫌う競馬ファンがいますので締め切り時間に向かってオッズは徐々に適正オッズに戻り締め切り直前には適正オッズである1000倍に近づきます。しかし、ここで手動投票のRB☆STRIKE!ユーザによって800倍まで落とされてしまい確定オッズとなっています。そもそもオッズが1000倍で期待値120%の買い目だったものが800倍になってしましったら期待値が100%を割ってしまいます。確定オッズでシミュレーションすると引くオッズの買い目は買いませんのでこれがシミュレーションと実馬券の回収率と点数の差異になってしまいます。

ここが勘違いされやすい部分なのですが、「誰も確定オッズで馬券を買うことは出来ない」と言うことです。

ではもし直前自動運転機能を許可したらどうなるでしょうか?締め切り直前に一斉に自動運転投票が入りオッズ500倍まで下がったところで確定オッズとなります。期待値120%だったはずの買い目は60%まで下がりRB☆STRIKE!ユーザに破産者が続出することは間違いありません。

オッズの下落は競馬場、レース番号、賭け式の総票数によって異なります。馬券シミュレーションをされている方は十分わかっていると思いますが、RB☆STRIKE!はどちらかと言うと期待値の高い買い目は高額配当のエリアにしかなく2000倍、3000倍の馬券を1日1本当てて一気にプラスにする馬券術です。例えばRB☆STRIKE!ユーザの総票が10万円ある買い目に入ったとします。10万円レベルなら十分にありえる数字です。「私は締め切り直前に相当額を入れたがオッズの下落を見たことがない」と方がいるかも知れませんが倍率も下落率に関係します。3000倍の馬券に10万円入ると言うことは30倍のオッズに締め切り直前で1000万円入ることと同じことになるです。相当額と言っても1000万円までは投入していないでしょう。残念ながらオッズ下落の改善方法は「締め切り10分前投票の徹底」しかないのです。

しかし、馬券シミュレーション結果と実馬券の差異があまりにも大きいと問題です。操作説明に注意事項の追記を行います。又、10分前から確定オッズまである程度オッズの下落を予測する機能を追加したいと思います。例えば確定オッズが800倍だったら10分前は1000倍くらいであった可能性がある計算式です。倍率も関係しますので確定オッズが10倍だったら10分前は10.4倍などとなり下落を考慮してシミュレーションする機能です。この機能を使うと馬券シミュレーションがほとんどマイナス収支になってしまう可能がありますが、オッズ下落の実態をユーザに知ってもらう為に機能化したいと思います。

バージョンアップ版の公開は来週末頃を目標に取り組みたいと思います。

Posted by ratebuster at 10:45