2014年06月20日

RB☆STRIKE!2指数開発日記(その2)

RB☆STRIKE!2指数の開発も最終段階になりました。早ければ6月末からのご利用が可能になります。公開まで間もなくとなりましたので先に変更点、精度についてご説明致します。
指数の精度を上げる為には過去のレース結果を検証してずれている指数の見直し(1着で来ているのに何故低い指数になっているのか?その逆も)、当てる為のファクター(休み明けは今回指数をもう少し下げるべきなど)、係数の見直し(騎手乗り替わりの騎手補正値はもう少し大きくするべきなど)を1つ1つ調査しながら見直して行きます。今回のこの精度向上の為のチューニングと、過去のレースで当たり過ぎない為の精度ダウン(デチューン)も行っています。「何だよ!指数の精度を落とすことなんてやめてくれよ!」などとお叱りを受けそうですが、例えば枠順補正は過去のレース結果を元にそれそれ係数を計算しているのですが、例えば函館の1000mで6番の逃げ馬を多く逃げ切っていたとします。この場合RB☆STRIKE!指数は6番に逃げ馬が入った場合枠順補正で指数を少し上げるのですが、この上げ幅を少し抑えると言うようなことを行っています。必ずしも過去の傾向と未来の傾向が連動しない場合もあると言うことであえて精度を落とす試みを行っています。
先日弊社にヘビーソフトユーザの方が来社されたのですが、あまりにも指数順位と人気にギャップが大きい場合は、レース見送ったり、独自に補正して投票しているとのことでした。指数を人気に寄らせることは的中率は上がりますが回収率を落とすことになります。RB☆STRIKE!2指数より直前の人気と指数順位のギャップが大きい馬は直前指数で補正することに決めました。しかし先週も書きましたが指数と人気のギャップが期待値の高い馬を作っていますので、この補正作業をやりすぎてしまいますと回収率を大きく落とすことになります。そこで前3走とも関連競馬場以外の場合、キャリアが1走以下の場合に限り行う予定です。レイトバスター理論の指数はすべて対戦成績によって算出していますので、この2パターンはこれまで誤差が多く出ていましたパターンですので実施に踏み切りました。さらに直前指数に限りすべての地方新馬戦の指数も提供致します。

○関連競馬場以外
中央に地方馬が出走した場合、園田競馬に北海道競馬の馬が出走した場合など
南関東内、名古屋競馬と笠松競馬などは交流がありますので関連競馬場と考えます。

今回バージョンアップには大きな変更点はありませんが、指数の出方は現行のRB☆STRIKE!指数と大きく変わっています。感想としましては先週も書きましたが苦手な競走条件や競馬場が無くなりどの条件でシミュレーションしてもほぼ同じ結果になっているように感じがします。どの条件でも同じになることがほんとうの精度アップに繋がったのではと私は考えています。

集計期間:2012年〜2014年5月 初出走率70%以上、初トラック率70%以上、休明け率70%以上、初距離率70%以上 的中率買い@1000円

平均的中率別
的中率別



的中率が高い買い目ほど確率の誤差を許容できる為、やはり回収率が高くなっています。中央、地方とも平均的中率×4、平均的中率×5の評価値が一番高くなっています。両方とも同じエリアが高いのでデータ的に信憑性が高いと言えます。逆に中央では収支のいい買い方が地方ではあまり良くない場合、「たまたま」として怪しんだ方がいいと思います。地方競馬の単勝の控除率は5月から少なくなっていますので今後さらに数値が良くなって行くと思われます。しかし地方競馬の単勝売り上げは非常に少ないので指数公開後は他のユーザとの駆け引きとなりそうです。中央競馬も先週より620円以上の配当の買い目に対しては計算式の変更により若干控除率が減るはずです。距離を300m以上にしているのは、ばんえい競馬を除く為です。ばんえい競馬だけレース傾向が違うと考えている

計算式別
計算式別



指数から単勝率を計算する計算式別の結果です。平均的中率別で使っている「統計単勝率」より結果は落ちます。統計単勝率は過去レース結果に依存した計算式を使っていますが、RB☆STRIKE!2指数からデチューンを行っており大きく過去の結果依存しない方式に変更しています。単勝率の計算は、指数をベキ乗するような計算で「計算式2」は2回ベキ乗する意味を持っています。ベキ乗回数が増えることで各馬単勝率の差が開きます。出来るだけ過去のレース結果の依存度を下げたい場合は「統計単勝率」ではなく「計算式」方式をお勧め致します。指数公開後のレース結果よりじっくり見極めて良い方を使うのもいいと思います。

○平均的中率とは
的中率で買い目を絞り込む場合、単勝の的中率1%以上と3連単の的中率1%以上では大きく意味合いが異なる。そこで各馬券種類の的中率を共通に扱う為に100%÷総組合わせ数で割った数字を「平均的中率」と呼び的中率の目安に使っている。例えば18頭立ての3連単の平均的中率は100÷4896=0.02042%でこの時の平均的中率×3以上は0.06127%以上となる。

○評価値とは
的中率×(回収率-100)で計算した数字。的中率が高く回収率が高い買い方を比較する方法

○総合値とは
評価値×投票額/基準投票額で計算した数字。基準投票額は平均的中率×3以上、期待値100%以上の条件時の投票額を利用(青字部分)。
見送りレースばかりの参加レース数、投票額が少ない買い方は、確率の収束、資金回転率が悪くいい買い方では無いと考える。
※投票額は参加レース数でもよい

当分の間、「RB☆STRIKE!指数」と「RB☆STRIKE!2指数(テスト版)」の両方を配信する予定です。直前指数を取得しなければ指数が人気寄りの補正されることはありません。過去データは人気寄り後の補正済み直前指数のみになります。「RB☆STRIKE!2指数(テスト版)」はプロフェッショナル版ユーザのみが先行利用出来るようになります。

その他の条件
その他

Posted by ratebuster at 16:12