2014年11月13日

競馬で負ける方法

競馬新聞と赤ペン1つで競馬場に行った場合、通常負けます。馬券を買うごとに20〜27.5%の控除率がかかっているからです。私の予想では全レースを均等買いした場合、勝って帰れる人は25%くらいなのではないかと考えています。これを年間のすべての競馬開催日で行った場合、勝って正月を迎えられる人の確率は25%の開催日数の乗で、年間収支がプラスの人は限りなくゼロに近い数と言えます。ですから競馬で年間プラスを1度でも達成したことがある人がいたら超人と思っていいレベルと言うことになります。いつもその難攻不落の競馬で勝つ方法ばかり考えているのですが、今回は逆に競馬で確実に負ける方法を考えてみたいと思います。

年に数回、数百万〜数千万馬券が出ますが、数百万馬券なら買えそうなものもありますが、数千万馬券は全通り買わないと絶対に当たらないものがほとんどです。RB☆STRIKE!を使って3連単を100円ずつ購入するシミュレーションを行ってみました。

全点買い






一般の競馬ファンの平均回収率は、100−控除率で単複派なら80%、3連単派なら72.5%になるはずです。しかし全点買いのシミレーション結果は大きく72.5%を下回ってしまいました。理由は絶対に来ないような買い目も均等買いで買っていることにあります。絶対に負けたいなら購入点数をできるだけ増やした方がいいと言えるでしょう。


RB☆STRIKE!2指数で絶対に来ないような確率の組合わせだけを買い続けてみました。

低確率のみ購入






回収率は全点買い時を下回ることに成功しました。絶対に来ないような買い目を買い続けることが負ける為の絶対条件であることが確認出来ました。

RB☆STRIKE!理論では期待値の高い買い目だけを買うことが競馬で儲け続ける為の大前提としています。ではRB☆STRIKE!2指数で期待値の低い買い目だけを買い続けたらどうなるでしょうか?

期待値50%未満






回収率は52.2%で平均回収率の72.5%を大きく下回ることに成功しました。

期待値の高い買い目は高配当エリアに多く存在しています。ならば逆に低配当エリアの買い目を買い続けることで大きく負けられるのではないでしょうか?

低オッズ






低配当エリアの買い目を買い続けると回収率は78.8%と平均回収率を上回ってしまいました。低配当エリア=期待値が低い買い目とはならないようです。

日本で一番有名な指数である日刊コンピ指数の1位→2位→3位の買い目を買い続けていたらどうなるでしょうか?


日刊コンピ






回収率48.6%と大きく負けることに成功しました。日刊コンピ指数を使って儲けるなら上位馬を無条件で外して下位馬から実力がある馬を見つけ出すことが必勝法になりそうです。

競馬で大きく負ける方法がわかったと言うことは、単純に負ける買い方の買い目を取り除くことで勝ち続けることが出来る買い目だけを取り出すことが出来るとも言えます。皆さんもRB☆STRIKE!ソフトを使って負ける方法と勝てる方法を研究してみて下さい。

Posted by ratebuster at 16:14